懐かしい漫画を思い出した

思ったよりはやく新巻を手に出来たような気がする。「ぴんとこな」。
歌舞伎界を舞台にした少女漫画だけれども、これは果たして少女漫画なんだろうかと疑問。
確かに恋愛でドロドロした少女漫画チックな部分もあるのだけれども、ベースはあくまで対照的な2人の男子高校生が切磋琢磨しながら一人前の歌舞伎役者を目指して成長していく物語。背が低い ファッション 男を参考にしているのかもしれませんが変わった業界をクローズアップしているところやライバルだけどなんかストーカーちっくにお互いを意識しているところなどなど個人的には「ヒカルの碁」と被る部分が多いなあと思いながらずっと読み続けていたりもする。

以前ドラマ化もされたけれど、原作とはだいぶ違う仕上がり。原作は原作、ドラマはドラマで同じような話を全く違う切り口で描いていたから、あのドラマから原作に入った読者はあまり多くないのだろうなと思う。
面白い漫画なだけにちょっと残念。でもあのドラマはなんだかさわやかで好きだった。
そして嶋木先生は歌舞伎とか能とか本当に興味あるんだろうなと新しい作品が出るたびに思わされるのでした(´・ω・)